ISBN:978-4-910205-79-3
定価:\1600+税


ISBN:978-4-910205-80-9
定価:\1600+税

作品概要

長期化するコロナ禍の中、医療機関のひっ迫が懸念されている。この作品を制作した目的は、日々、現実と向き合いつつ職務を全うしている医療従事者の姿を伝え、さらには病院内で起こっている出来事や現在の医療を取り巻く環境などを知っていただくことである。病院のスタッフって、どんな職種があって、どんな仕事をしているの?、といったテーマを患者さんに対してはもちろんのこと、これから医療従事者を目指している人たちや医療従事者に転職しようと考えている人たちにわかりやすく紹介するのが、この作品の特徴の一つとなっている。
著者は長年、医療の「お仕事」を通じて遭遇し、感じ得たことを事務系という自己の立場を踏まえながら、素直にそして率直に綴っている。そうではあるけれど、事務レベルの人間が書いたこのような題材についての書物は、今まであまり見かけたことがないと思う。どうしても医療系の書物というと、医師や看護師による制作のものが多いのだが、技術的にも高度なので、一般の人にはわかりにくいことも間々ある。この作品は事務レベルからの視点で書かれているので、わかりやすさや親しみやすさが最大のセールスポイントといえよう。
世相的には、益々医療に対する一般の人々の興味関心や心配懸念も高まってきているので、そうしことにも留意しつつ、医療の現場で発生している「人間劇場」を描いてみた。「人間」が「人間」に対して「人間らしく」行うのが医療の本質であるのだから、このようなコロナ禍の真っ只中においても、変わらずに切磋琢磨し、全力を尽くしている医療従事者がかもし出すペーソスやジレンマも知っていただければと考えている。
検診や健診、そして予防接種といった「予防医療」の重要性はもちろん認めつつも、疾病や感染症からわが身を守るには、何よりも「日々の生活習慣の適正化」が大事だと著者は考えている。読者の方々が健やかに人生を全うできるよう、「暴飲暴食の慎み」・「ジャンクフードと食品添加物の封印」・「ストレスからの脱却」・「定期的な運動」・「禁煙」・「質の良い睡眠」・「正しい姿勢の励行」を改めて、この作品の中でも呼びかけている。これは医療の「お仕事」を通じて著者が行き着いた一方の大きなテーマなのだが、毎日の雑踏と激務の中で、一度でも食生活を始めとした生活習慣に疑問を感じたことがあれば、ぜひこの作品を手に取っていただければと思って止まない。

著者紹介

峰 佳ゐ人(みね かいと)
専門は「医療評論」と「将棋評論」。
1963年神奈川県横浜市生まれ。学習院大学経済学部卒業後、中学受験の塾講師としてバブル期崩壊時における教育現場の最前線に立つ。その後カナダ留学と民間会社(流通系)勤務を経て、埼玉県内の病院にて事務長職を9年間担当。医療現場での経験を伝えつつ、医療従事者へのエールを込めて書き下ろしたのが「事務長はみた!?上・下巻」(つむぎ書房刊)である。「JCAT企画」代表として、創作活動と講演活動を行う。
また一般社団法人「将棋を未来へ」ではアドバイザーとして、将棋の歴史やルール、および将棋駒を制作する駒師の紹介を海外向けに発信するべく翻訳を手掛けている。
病気と感染症から身を守るためには、「何よりも日々の生活習慣を適正化すべき」をテーマに「暴飲暴食の慎み」・「ジャンクフードと食品添加物の封印」・「ストレスからの脱却」・「定期的な運動」・「禁煙」・「質の良い睡眠」・「正しい姿勢の励行」を伝導している。趣味は60年代の曲のピアノ演奏。